Facebook Twitter Instagram かきのわ ショップ

MENU

マンスリーレポート

9月:51日間のアート、音楽、食の祭典

2017年9月号マンスリーレポート

みなさん、こんにちは!すっかり秋の風が吹き始めた石巻です。夏らしい夏を感じたのは1週間程で、今年は全国的に見てもとっても雨が多い夏でしたね。この夏、石巻では7月末から9月10日までの51日間、石巻市をメインステージに現代美術と音楽、食を楽しむReborn Art Festivalというものが開催されていました。石巻の皆さんはこの芸術祭が始まった当初、「リボン?リボンなにす?」なんて名前すら認識するのが難しかったようですが、普段皆さんが生活する日常にアートが展示され、いつも行くカフェが音楽ライブの会場になり、徐々にこの大きな芸術祭が浸透してく様子が目に見えました。

私たちが石巻に居ながら現代アートに触れる良い機会となったのはもちろんですが、音楽と食に関するイベントも多く開催され、ビックリするほど大物のアーティストが、すぐそこの街角で無料ライブを行ったり、海辺のレストランでは週末毎に変わる全国の有名なシェフがテーマを持ってイベントを行ったり、素晴らしい音楽と多様な食文化に触れる良い機会にもなりました。このイベント期間に石巻を訪れた全国の皆さんも、芸術・音楽・食を入り口に石巻の土地や人々に触れて、沢山の刺激を持って帰ってくれたことでしょう。芸術が私たちの心を満たし豊かな人間にしてくれるように、このイベントが生み出した出会いもまた人々を豊かにする素晴らしい時間だったと思います。

この大きな芸術祭が開催された51日間の時間を振返ると、良い意味で巻き込まれ、惹きこまれ、沢山の方との出会いがある、あっという間で本当に楽しい石巻の夏となりました。またいつかこの芸術祭が開催されたときは、カキの環もアートで参加できればいいな!なんて。

「カキの環」マンスリーレポートは、オーナーとしてお申し込みいただいた皆様にお届けしています。全文を読むためには、パスワードが必要です。オーナーの方は、メールでお送りしたパスワードを入力してください。

牡蠣の様子とヤスの野望

    牡鹿半島を訪れると目を奪われるのが、水面に均一に張り巡らされた牡蠣のイカダ。この広い海を使って、どうやったらあれ程計算されつくしたイカダが張れるのか、漁師の職業は芸術的でも […]

まぎべん講座

  文字にするとクスっと笑ってしまう“まぎべん”(石巻弁)。 ひらがなにすると読むのが難解で、濁点の多い石巻弁の単語と例文を毎月ひとつお届けします。   単語「わげすたづ」「わげし […]

ページのトップへ戻る