Facebook Twitter Instagram かきのわ ショップ

MENU

マンスリーレポート

2017年8月号マンスリーレポート

8月:石巻のお祭り「川開き祭り」

皆さま初めまして!カキの環事務局の今野です。これから毎月皆さんへ牡蠣の成長の様子や、石巻での出来事、漁師の日常などをお届けさせて頂きます!まずは簡単に自己紹介から…。曾祖父の代から石巻で家業を続ける家に生まれて、賑やかな中心地の商店街を遊び場にして育ちました。今はすっかりその座をイオンなどの郊外型商業施設に奪われてしまいましたが、私が幼い頃の石巻駅周辺は大きなデパートや映画館、ボウリング場などが並び、たくさんの人が集まる活気溢れる場所でした。

活気と言えば、今月は活気溢れる石巻のお祭り「川開きまつり」がありましたよ。このお祭りは今年で94回目を迎え、戦争中以外は震災の年も毎年開催されています。太平洋にそそぐ北上川の河口にある石巻は、豊かな水によって栄えた場所でると同時に、水害にも何度も襲われてきた場所でもあります。大正5年(1916)に始まるこの「川開きまつり」は、北上川改修の恩人、川村孫兵衛への報恩感謝と海難犠牲者の供養祭を起源として北上川を舞台に、灯篭流しや大漁安全祈願を行います。小さい頃からこの川開きを心待ちにして、準備の段階から七夕飾りで街が華やかになる様子にワクワクし、暑い日中はかき氷を食べてパレード見物、夜になると歩いて川沿いまで行き花火を楽しむのです。普段の石巻駅周辺は閑散としていますが、毎年のこの2日間(昔は3日間)は祭りの見物客で石巻は活気にあふれるのです。

2017年1月号

いよいよ発送の時期が近づいてきました!

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始はいかが過ごされましたか?ご家族とゆっくりできましたでしょうか?それともお仕事に追われながらの忙しいお正月でしたでしょうか?いずれにしても、みなさまが2017年の良いスタートを切れたことを願っております。

年末は牡蠣のノロウイルスで騒がしかった宮城県ですが、年明けからはノロも落ち着き、海も漁師も通常通り。のはずでしたが…。12月中旬の全面出荷停止がメディアに大きく取り上げられたこともあり、宮城県の生牡蠣の需要が著しく落ちているようです。もう検査も陰性で大丈夫なんですよ〜〜!と全国に向けて叫びたい!(笑)

2016年12月号

ノロウィルスの猛威で宮城産の牡蠣は出荷停止!?

あっという間に年の暮れですね。みなさんにとっての2016年は、どのような1年でしたか?

ちょうど昨年の今頃、私たちは何をしていたのかを考えてみると。そうでした。カキの環は、クラウドファンディングでプロジェクト初動に向けた資金調達を始めたばかりの頃でした。運営サイトのMakuake側からは、「最初の3日で目標額の半分いけば達成は間違いないですよ!」と言われながらも、そんなにうまくいきません!私たちは最初3日で約30%の達成率。「はわわわ、ちゃんと達成できるかしら!?」とドキドキしながら、過ごした年末でした。よかったら、当時公言していたことがどこまで実現できているのか、冷やかし程度にでも見てみてください(^^;) →コチラ

その頃は、まだロゴもなく、ホームページもなく(苦笑)。すべてゼロからのスタートでした。それから1年。こうしてたくさんのオーナーのみなさんにも恵まれて、本当に幸せなことだなぁと思います。

2016年11月号

11月23日、今日は牡蠣の日!

今日は11月23日ですね。何の日だか覚えてますか? そう、勤労感謝の日。笑
「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝し合う」ということで、勤労感謝の日でもあるのですが、その毎日働いている方々を栄養たっぷりの牡蠣で癒したい、の意味を込めた「牡蠣の日」でもあるんです!2003年に全国漁業協同組合連合会(全漁連)が制定したそうなので、まだ歴史は浅い!!「牡蠣の日」にちなんで毎月23日にカキの環のマンスリーレポートは発行されています。
牡蠣の日は1年に1度しかない記念すべき日です。出血大サービスで、クイズの答えの正解者のなかから抽選で2名様に、牡蠣をプレゼントいたしましょう!下の「カキの環コラム」でクイズを出題!是非お見逃しなく!!!

2016年10月号

牡蠣のシーズン、スタートォォォォオ!

牡蠣生食、解禁!!!
牡蠣好きのみなさんにとっては、「ジュルリ…」とよだれが垂れまくりな季節なんではないでしょうか。レモンもいいですね、ポン酢もいいですね、カクテルソースもいいですねぇ、焼き牡蠣も蒸し牡蠣もイイですねぇ、牡蠣鍋、牡蠣フライ、牡蠣ごはん、牡蠣チャウダー、牡蠣のアヒージョ、オリーブオイル漬けにしておいて酒のつまみに…。食べ方はいっぱいありすぎて困ってしまうほどです。みなさんはどの食べ方が一番好きですか?
さぁ、オーナーのみなさんには周りのご友人にウンチクを語れるように、生産現場にも詳しくなってもらいましょう!

2016年9月号

まもなく牡蠣シーズン到来!

8月と9月はドキドキハラハラする台風の期間が続きますね。

気象庁が統計を取り始めてから初めて東北地方に上陸する、と恐れられていた台風10号(ライオンロックさん)も何とか乗り越え、つい先日大雨をもたらした台風16号(マラカスさん)も大きな被害はなかったと聞いています。自然の猛威を前に、人間には心配することくらいしかできないですから、健気にしがみついている牡蠣を想うたびに、キュっと心臓が縮んでしまいますね。

さて、まもなく10月に入ります。いよいよ市場に牡蠣が出回り始める時期で、石巻の漁村も準備に取り掛かり始めています。牡蠣シーズンの幕開けです!

2016年8月号

「Rのつかない月には牡蠣を食べるな」?

台風が次々に発生し、全国各地に色んな被害をもたらしているかと思います。石巻もすごい雨風でした。みなさん、どうぞお気をつけてお過ごしください。

8月21日(日)に実施した、カキの環の体験プログラム第2回も、前日までは台風でどうなることかと思いましたが、当日は何とか晴れました。風は強かったものの、むしろ湿度の高い炎天下で、日焼けで肌がヒリヒリするほどでした。関東・東北圏から7人のオーナーやオーナー家族が石巻に集まってくださり、とても賑やかにアットホームな雰囲気の体験プログラムとなりました。

オーナーのみなさんには、一足先に興奮冷めやらぬ当日の様子を、下の「カキの環コラム」でご紹介します。

2016年7月号

7月はみんなで共同作業!

暑くなってきましたね。みなさま、いかがお過ごしですか?

夏と言えば、「祭り!」ですよね。石巻では、7月31日と8月1日に、毎年恒例の「川開き祭」が開催されます。川開き祭は、江戸時代に伊達政宗の命令を受けて北上川の河口部を開削し、石巻の発展に貢献した川村孫兵衛の偉業を讃えるとともに、水難者に対する慰霊の意味を込めて始まりました。今年で第93回にもなる、長い歴史を誇る祭りです。

ピースボートセンターいしのまきも地元の祭りの一員に入れていただき、今年も出店します。ホヤをトルティーヤで包んだお菓子感覚の名物「ホヤティーヤ」と「蒸しホヤ」を作る予定です。ホヤ尽くしですね!お近くの方は是非遊びに来てください!

それでは、体調を崩さないように気をつけながら、暑い夏を楽しみましょう!

2016年06月号

梅雨にも負けず、風にも負けず。

カキの環では、「石巻=海!」と推してきましたが、実は広大な土地に田んぼや畑が敷き詰められており、農作物も豊富で新鮮です。大半のスーパーには産地直産コーナーがあり、道の駅にはいつも旬の野菜たちが元気良く並んでいます。

6月は、田植えが終わった田んぼに水が張られ、田んぼの脇を通ると、稲と稲の間に見える水の道が夕日に反射してキラキラ光っています。まもなくすると、夜も眠れないほどのカエルの大合唱が石巻の空に響き渡ることでしょう。

さぁ、梅雨のジメジメする時期になってきましたが、雨にも負けず、風にも負けず、逞しい牡蠣が実ることを楽しみに待ちましょう!

2016年05月号

新緑が気持ちの良い、暖かい季節になりました

5月も半ば、牡鹿半島の山々には、藤の花が薄紫に輝き始めました。藤棚のように整備されたものではなく、野生の藤は松や杉に絡まりながら力強く生えています。

みなさんは、海のパイナップルとも知られる海鞘(ホヤ)をご存知でしょうか?三陸地方では、古くから「ホヤは藤の花が咲く頃が旬」と言われてきています。主に東北沿岸部で流通するホヤは、日本酒とも非常に相性が良く、三陸の珍味として根強い人気があります。日本で消費されるホヤの、実に8割が宮城県で水揚げされているんですよ!

宮城にお越しいただいた際には、牡蠣だけでなく、その時期の旬の美味しい海産物も試してみてくださいね。

ページのトップへ戻る